牧野標本館は、牧野富太郎博士が採集された植物標本を中心に、藻類・コケ・シダ・裸子・被子植物など約50万点の標本を所蔵しています。これらの標本は、学内の教育・研究に加えて、外来研究者の標本閲覧や貸出等の要望にも対応するなど、国内外の研究者に広く活用されています。また、さらに一般の方々にも活用していただけるよう、インターネットによる標本画像データベースの公開も行っています。

1.牧野標本館の概要

2.牧野標本館の標本の特色

3.標本館の組織・運営

4.植物学における標本館(ハーバリウム)の重要性と意義

5.標本の整理・利用状況

6.所蔵標本の主な採集者

7.寄贈標本・交換標本について

昨日 今日  
(2004.7.20より)