TMU logo 生命科学専攻 トップ
応用生命科学領域
神経分子機能研究室
発生生物学研究室
細胞生化学研究室
細胞遺伝学研究室
分子遺伝学研究室
植物発生生理学研究室
幹細胞制御学研究室
(東京都医学総合研究所)
蛋白質・オルガネラ分解機構研究室
(東京都医学総合研究所)
分子神経病理学研究室
(東京都医学総合研究所)
行動遺伝生理学研究室
(東京都医学総合研究所)
分子老化制御研究室
(東京都健康長寿医療センター研究所)
植物成長制御研究室
(理化学研究所)
 
⇒生命科学領域
写真 幹細胞制御学研究室 (東京都医学総合研究所)
本研究室では、iPS細胞から造血幹細胞・血小板・T細胞等を効率的に作り出す方法の開発を挑みます。また、造血幹細胞や癌幹細胞に高発現する遺伝子産物に注目して、がんに対する新しい分子標的薬を作り出すための研究を実施します。
教 員
教 授 原 孝彦 e-mail
幹細胞を利用した血液再生医療技術とがん治療法の開発(原 孝彦)
画像
 造血幹細胞の発生・自己複製・系統決定の分子メカニズムを、ES/iPS細胞のin vitro分化誘導系や遺伝子改変マウスを用いて解明し、血液再生医療技術や白血病薬の開発に活用しています。また、がん免疫や肥満性糖尿病に関与するケモカインCXCL14の作用機序を明らかにし、それを創薬に結びつける研究も行っています。現在の、主な研究テーマは以下のとおりです。

1. マウスES細胞や胎仔を用いた、造血幹細胞発生の分子メカニズム
2. ヒトiPS細胞から、造血幹細胞や血小板を体外産生する方法の開発
3. 急性Tリンパ芽球性白血病に対する治療薬の創出
4. CXCL14の生理的機能の解明と、その分子メカニズム
5. CXCL14を利用した、がん免疫療法の開発
6. 超長寿ネズミのタンパク質品質管理機構
画像
最近の研究業績
  1. K. Tanegashima, Y. Sato-Miyata, M. Funakoshi, Y. Nishito, T. Aigaki, and T. Hara. Epigenetic regulation of the glucose transporter gene Slc2a1 by β-hydroxybutyrate underlies preferential glucose supply to the brain of fasted mice. Genes Cells, 22: 71-83, 2017.
  2. T. Suzuki, Y. Kazuki, M. Oshimura, and T. Hara. Highly efficient transfer of chromosomes to a broad range of target cells using Chinese hamster ovary cells expressing murine leukemia virus-derived envelope proteins. PLoS ONE, 11: e0157187, 2016.
  3. M. Kawaguchi, K. Kitajima, M. Kanokoda, H. Suzuki, K. Miyashita, M. Nakajima, H. Nuriya, K. Kasahara, and T. Hara. Efficient production of platelets from mouse embryonic stem cells by enforced expression of Gata2 in late hemogenic endothelial cells. Biochem. Biophys. Res. Commun., 474: 462-468, 2016.
  4. K. Kitajima, M. Nakajima, M. Kanokoda, M. Kyba, A. Dandapat, J. Tolar, M. K. Saito, M. Toyoda, A. Umezawa, and T. Hara. GSK3β inhibition activates the CDX/HOX pathway and promotes hemogenic endothelial progenitor differentiation from human pluripotent stem cells. Exp. Hematol., 44: 68-74, 2016.
  5. K. Kitajima, M. Kawaguchi, K. Miyashita, M. Nakajima, M. Kanokoda, and T. Hara. Efficient production of T cells from mouse pluripotent stem cells by controlled expression of Lhx2. Genes Cells, 20: 720-738, 2015.
  6. Kodaka, K. Tanaka, K. Kitajima, K. Tanegashima, R. Matsuda, and T. Hara. LIM homeobox transcription factor Lhx2 inhibits skeletal muscle differentiation in part via transcriptional activation of Msx1 and Msx2. Exp. Cell Res., 331: 309-319, 2015.
  7. T. Suzuki, Y. Kazuki, M. Oshimura, and T. Hara. A novel system for simultaneous or sequential integration of multiple gene-loading vectors into a defined site of a human artificial chromosome. PLoS ONE, 9: e110404, 2014.
©2017 Department of Biological Sciences, Tokyo Metropolitan University