TMU logo
生命科学科・専攻
トップ

生命科学科・専攻で一緒に研究をしましょう!

 「生命とは何か」。生命科学の研究者は皆、突き詰めるとこの問題に挑戦しているように思います。ただ人によって視点、問題の設定が違います。自己増殖するシステムのメカニズムの解明を目指している人もいますし、自然環境と生物との関係がテーマの人もいますし、またヒト(自分)を理解することが目標の人もいます。生物学は、研究の切り口、対象、材料、手法などとても多様です。
 東京都立大学の生命科学科、生命科学専攻の特徴の一つは、動物、植物、微生物、またミクロからマクロまで、さらには実験科学から理論まで、生物学の様々な分野をカバーする14もの研究室があり、多くのユニークでオリジナリティあふれる研究が行われていることです。またもう一つの特徴は、主体性、コミュニケーション能力などを重視したゼミナール入試などの入試や、研究する力を養う自主研究などの独自の教育など、新しい試みを積極的に行っていることです。さらに東京都の唯一の公立大学である点を最大限に活かして、東京都の研究機関、高等学校との連携、伊豆七島、小笠原諸島における研究、教育活動などを盛んに行っていることも特徴の一つです。
 今後もさらに新しい研究、教育にチャレンジして、素晴らしい研究を多く産み出し、新しい分野を切り拓くたくましい次の世代の研究者を育てると同時に、一般市民の方々とも積極的に関わり、地域にしっかりと根ざした学科、専攻になっていきたいと思っています。研究者の皆さん、学生の皆さん、高校教員の皆さん、一般市民の皆さん、我々と一緒に、様々な「生命とは何か」という問題に挑戦しませんか。

生命科学科長、生命科学専攻長
川原 裕之

「新入生の皆さんへ」

新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。生命科学科の教職員一同、皆さんのご入学を心より歓迎し、お会いできる日を心待ちにしています。

皆さんのお顔を見ながらお話しできないのがとても残念ですが、安全のためにはやむを得ませんね。
生命科学科の教員は、皆さんがキャンパスに来られるようになった時に、一緒に勉強し、議論する準備を今日も進めています。今回の試練を乗り越えて、皆さんと共に学びを深めていきましょう。

皆さん、これまでは教科書を中心にして、知識の数々を学ぶことに一生懸命であったと思います。それも大切なことと考えます。でも、大学の面白いところは、これまでずっと学ぶ側にいた皆さんが、学年が進むにつれて、次の世代が学ぶべきものを産み出していく立場に替わっていくところにあると思います。教科書に描かれた一つひとつの事実は、誰が、どんな気持ちで、どんなふうに見つけ出してきたのでしょう?皆さんも、その歴史の中に、第一人称で参加してみたいと思いませんか?どうかご自身の将来を楽しみにしていてください!

とはいえ、先の予定が見通しにくい昨今の日々の中で、希望だけでなく、不安や戸惑いを感じることも多いのではないかと思います。そのような時は、どうか遠慮せず、私や学年担任の先生に相談してください。そのための連絡先を下に記しました。

どうか健康には留意されて、この春を過ごしてしてください。緑が眩しくなる季節に、南大沢のキャンパスで皆さんをお待ちしています。

生命科学科長
川原 裕之

[連絡先(Eメールアドレス)]
生命科学科長 川原 裕之:hkawa@tmu.ac.jp
1年生担任  野澤 昌文:manozawa@tmu.ac.jp

©2015 Department of Biological Sciences, Tokyo Metropolitan University